テニス肘

状態、見解

テニス肘(フォアハンドテニス肘)は前腕の筋肉の使い過ぎによる筋肉に炎症が起きている状態です。

テニス肘の名前の由来はテニス初心者が手首を返すような打ち方をしてなることからきています。

ですので、手首をよく使う人に多くみられます。

原因

スポーツなどで尺側手根屈筋に過度の筋収縮が重なり引き起こします。

それ以外にも手を酷使する職業の人に多く、仕事でなる人は特に完治まで長期間を要します。

症状

症状は前腕の痛みや手を握ると痛む、手首を動かすと痛むなど動作痛が多いです。

症状が強いと前腕に皮膚の感覚異常や小指側にしびれが出たりします。

治療法

主に理学療法が中心です。

前腕の筋肉が膨れた部分にリストバンドやテーピングをほどこすことが多く、症状が軽いものにはシップや安静のみの処置をする場合もある。

メモ: * は入力必須項目です