肘部管症候群

状態、見解

肘の内側で神経が圧迫されることで起こる神経症状です。

小指側のしびれが継続して起こるもので、症状がキツイと指に変形もみられます。

原因

肘の内側にガングリオンや靭帯、筋肉などの腫れが継続的にあることで尺骨神経を圧迫し、肘部管症候群になります。

他にも加齢的な変性や骨折・脱臼などがあります。

症状

主に小指側にしびれや痛みの神経症状を伴います。

他に小指球(小指のふくらみ)の痩せや小指・薬指のかぎ爪様変形がみられます。

治療法

主に腫れが治まるまで整体と休息などで筋肉や靭帯の緩和するまで待ちます。

メモ: * は入力必須項目です