ギヨン管症候群

状態、見解

ギヨン管症候群は「尺骨神経管症候群」とも言われます。

小指側の神経管が何らかの要因によって神経管内圧が上昇し圧迫された状態です。

特に【肘部管症候群】と症状が似るため気を付ける必要があります。

原因

主に小指側の神経管がガングリオンや脂肪塊によって神経管内圧が上昇し圧迫されることが原因です。

手を握ることが多い仕事の方に頻発します。

他にデスクワークで小指球を長時間置いていると発症します。

症状

症状は小指側の神経症状で小指と薬指の痛みやしびれ、感覚異常、力が入らないです。

小指球に症状が波及することもあります。

肘部管症候群】と症状は類似しますが、小指の甲側のしびれなどはありません。

治療法

主に安静が基本です。

指を動かすと神経管を圧迫するので、指を動かさないことは必須です。

メモ: * は入力必須項目です