脊椎側弯症

状態、見解

脊椎側弯症は背骨(胸椎~腰椎)が通常では起こらない横方向への弯曲が加わった状態です。

脊椎側弯症があっても日常生活には大きく影響はないが、弯曲が25度以上へ進行が疑われる場合は手術をすることもある。

弯曲が強いと姿勢が大きく崩れるので、全身に悪影響を及ぼす。

原因

多くは子供の成長過程での【ハイハイ、つたい歩き】の早期獲得によって、筋力が追い付かず背骨が曲がってしまうことが原因であることが多い。

小人の場合は、勉強や日常の姿勢が曲がっていることでなることもある。

症状

症状は特にありません。

悪化すると【肩こり】【片頭痛】【腰椎椎間板ヘルニア】【坐骨神経痛】【O脚】など様々なものに発展してしまうことがある。

治療法

症状が重く手術をすることもある。

当サロンでは、成長が著しい中学生までを対象に脊椎側弯症の整体をしています。

メモ: * は入力必須項目です