胸部圧迫感

状態、見解

胸が圧迫されたように感じている状態を指します。

肋骨や内臓、筋肉、脂肪組織などが腫れたり硬くなることで圧迫されたような感覚が引き起こされます。

神経痛、気胸、骨折などで感じることがあります。

原因

肋間神経痛、緊張性気胸、肋骨や鎖骨骨折などで血腫ができたり筋肉や内臓、脂肪組織が硬くなることで胸部の動きが悪くなることで胸部圧迫感を感じます。

特に肉体労働者やスポーツをする人に多く、体に負担をかけることで起きます。

症状

症状は胸部の圧迫による、息切れ、疲労感、酸欠、浅呼吸などがあります。

基本的に他の症状に付随してくるものになるので症状の悪化はない。

治療法

筋肉が原因の場合は、整体や休息によって筋肉の緩和。

内臓や脂肪組織が原因の場合は食事や運動療法が効果的です。

メモ: * は入力必須項目です