坐骨神経痛

状態、見解

坐骨神経が筋肉や靭帯、関節が硬くなることで神経痛が起こることを坐骨神経痛という。

坐骨神経はお尻~足先にかけてに伸びる神経の大元である為、足先まで症状が出ることが多い。

原因

主にお尻の筋肉が硬くなることで神経を押さえることが多い。

梨状筋が坐骨神経を押さえると「梨状筋症候群」

中殿筋が坐骨神経を押さえると「中殿筋症候群」と名前がつく。

※高齢の場合は靭帯や関節が原因のことが多い。

症状

症状はお尻や太もも、ふくらはぎ、足の痛みとしびれ。

時には痛みが強く出て歩けないこともある(膝崩れ現象)。

治療法

主に理学療法で、筋肉が原因のことが多い為、筋肉を緩めると改善することが多い。

メモ: * は入力必須項目です