腰椎椎間板ヘルニア

状態、見解

腰の椎間板が正常な位置から脱出した状態を腰椎椎間板ヘルニアという。

状態のことを指しているが、病気という訳ではない。

椎間板が神経に触れると神経痛様の症状がでてくる。

症状が強い場合は手術をする必要がある。

ある程度のものは整体によって症状を緩和させることができる。

原因

立ちっぱなしや立ち仕事など腰に力が入っている状態が長期化すると引き起こされる。

特に介護職や飲食業などの職業に多くみられる。

症状

症状は主に腰のしびれや痛み、時にはしびれや痛みが足先にまで伸びることもある。

他には背中、腰、お尻、太もも、ふくらはぎ、足の感覚異常がみられる。

治療法

薬物療法と外科治療、理学療法がある。

薬物療法は鎮痛薬が一時的に効果があり、外科療法は手術で治ることがある。

理学療法には牽引で腰椎に隙間をつくることで症状を治めることもできる。

メモ: * は入力必須項目です