腰椎すべり症

状態、見解

腰椎すべり症は【分離すべり症】【変性すべり症】の2つに分かれます。

分離すべり症は背骨の幹である椎体と関節を支えている椎弓が分離してしまう状態で脱臼と骨折を同時に起こします。

変性すべり症は加齢に伴骨と骨にある椎間板や靭帯など、腰椎を安定化させている組織が変性してしまうことでズレてしまった状態です。

今回は当サロンでもみる分離すべり症に着目します。

原因

分離すべり症はスポーツなどによる疲労の蓄積が原因です。

ほとんど小学生~中学生が多いです。

症状

症状は主に腰の痛みです。

スポーツをやっている子供で腰が痛いと言えば要注意です。

治療法

特に手術をする必要はありません。

コルセットをして安静にしていれば、元に戻ります。

当サロンでは、その後のスポーツの復帰を考えて、骨に対して筋力が足りていないことが多いので、体幹トレーニングを中心に指導しています。

メモ: * は入力必須項目です