腰椎脊柱管狭窄症

状態、見解

腰の脊椎の脊柱管(神経の通る管)が椎間板や周囲の靭帯、変形による突出した骨などの影響で脊柱管が狭くなり神経が圧迫された状態です。

腰のほかにも頸椎にも脊柱管狭窄症が起こることもあります。

原因

立ち仕事や加齢による変性で脊柱管に負荷がかかり引き起こすことが多いです。

一般的に体を反らす動きをすると脊柱管を圧迫し痛みやしびれが出て、かがむと脊柱管が広がるのでラクになることが多いです。

症状

症状は主に神経症状で、腰~足先にかけてのしびれや痛み、間欠性跛行がみられます。

反らすことで症状は悪化するので、立ち仕事をしている方は悪化傾向を辿り症状が時間の経過とともに重くなります。

治療法

腰に負荷がかかる動作を中止し、休息もしくは腰のけん引や筋緊張の緩和で症状が治まります。

長期化すると手術の可能性も考える必要があります。

メモ: * は入力必須項目です