寝違え(肩甲骨)

状態、見解

寝違えは首の筋肉が一時的に過収縮をきたした状態です。

症状としては特に首が回らないことが多い。

2,3日~1週間ほどで治る場合がほとんどです。

原因

寝ている時に首に負担がかかり、肩甲骨周辺の筋肉が過収縮を起こすことが原因です。

猫背や巻き肩、ストレートネックなどの起因があると、何度も繰り返すことも多い。

症状

症状は首の痛みや可動域制限(主に振り向くなどの回旋運動)、腕を回した時の運動痛です。

通常は1週間程度で完治するが、慢性的に繰り返している人は起因が複合的になっているため、2週間かかったりすることもある。

治療法

主に肩甲骨周囲の筋緊張の緩和、シップなども効果的です。

ストレッチなどは逆効果の場合が多い為、オススメしない。

首の筋肉はデリケートなので、専門家に任せるのが無難だろう。

メモ: * は入力必須項目です