オスグッドシュラッター病

状態、見解

オスグッドシュラッター病は膝の脛骨を大腿四頭筋が繰り返し引っ張ることで起こる骨軟骨炎です。

成長痛とは違い、骨と軟骨がはがれてしまっている為注意が必要です。

原因

スポーツをして膝に負担がかかることが原因です。

中高生に多く、特にサッカーやバスケットなど膝に負担がかかりやすいスポーツに頻発します。

症状

症状は膝の痛み、時には膝裏に痛みが出ることもあります。

治療法

主に安静で膝にサポーターやテーピング、こまめな休憩をはさむことが必要です。

当サロンでは、テーピングや大腿四頭筋の筋緊張緩和により改善を促しています。

メモ: * は入力必須項目です