ガニ股

状態、見解

ガニ股は歩いている時に股関節が動かないため、体ごと歩いている状態をいいます。

歩き姿がカニに見えることからガニ股と呼ばれるようになりました。

姿勢を表しているだけで病気ではありません。

原因

原因はO脚と一緒で大腿四頭筋の過度な筋緊張です。

O脚よりも進行するとガニ股になります。

症状

症状はありません。

治療法

当サロンでは大腿四頭筋、腸脛靭帯の筋緊張の緩和と股関節、腰椎の動作改善を図るため、骨盤矯正や骨格矯正、腰椎矯正、ストレッチにてガニ股の改善を目指しています。

メモ: * は入力必須項目です