筋緊張性頭痛

状態、見解

筋緊張性頭痛は血管収縮性頭痛とも言われます。

筋肉が硬くなって血液循環障害になり頭痛を引き起こします。

一般的に肩こりからくる頭痛と呼ばれるものです。

筋肉が硬くなるが肩こりを感じない人は急に頭痛を感じることがある。

筋肉を緩めることで頭痛の緩和は大いに期待できる。

原因

筋肉に力が入り続けることで筋肉が硬くなります。

そうすると筋肉中の血管が圧迫されることで血液循環障害を引き起こします。

長期間続くと阻血障害(血液の流れが断たれることで起こる障害)を引き起こし頭痛になります。

症状

症状は頭痛、めまい、目のかすみ、、耳鳴り、吐き気などがある。

治療法

一般的に筋肉を緩めることが筋緊張性頭痛の症状の緩和に繋がる。

急を要する場合は、筋弛緩剤や鎮痛薬が即効性があります。

メモ: * は入力必須項目です