眼瞼下垂(がんけんかすい)

状態、見解

その名の通り眼瞼(まぶた)が下垂している状態のことです。

まぶたが垂れ下がって視野が狭くなってきてしまうので、おでこの筋肉を使ってまぶたを持ち上げると、頭の筋肉を使うため肩こりや頭痛がでることもあります。

 

原因

眼の周りの眼輪筋という筋肉の筋力が弱いことや皮膚がたるんでしまうことが原因となります。

先天的にまぶたの筋力が弱い場合と加齢によって筋力が弱くなったり皮膚がたるんでしまい眼瞼下垂となります。

症状

症状は、視野の狭小化、視覚の低下、肩こり、頭痛があります。

治療法

メモ: * は入力必須項目です