踵骨骨端症

状態、見解

10歳前後の子供にみられる、スポーツなどによって起こる踵の腫れと圧痛のことです。

症状がヒドイと踵骨の骨壊死や骨軟骨炎になります。

原因

スポーツなどで踵への衝撃が繰り返しくることで、踵の軟骨部に負荷がかかり炎症が起こることが原因です。

軟骨が存在する子供にしかなく大人には見られないのが特徴の一つです。

症状

症状は踵の腫れと圧痛です。

子供が痛くてもスポーツを継続すると踵骨の骨壊死や骨軟骨炎になるので、親が様子を伺うなど注意しておく必要があります。

 

治療法

基本的には1,2週間安静にすることで症状が治まります。

痛みが続く場合は柔らかいインソールを使いなるべく踵への負担を軽減させます。

メモ: * は入力必須項目です