猫背、巻き肩にならない体づくり


猫背、巻き肩になるメカニズム

猫背、巻き肩になるメカニズム

猫背、巻き肩になるメカニズムを詳しく説明していきます。

猫背、巻き肩というのは「背骨や肩甲骨が丸く曲がり正常の範囲を逸脱してしまった状態」を指します。

背骨の場合は、後ろに盛り上がります。この状態を「胸椎後弯(きょうついこうわん)」といいます。一般的には猫背といいます。

肩甲骨の場合は、前に内巻きするように広がります。この状態を「外転(がいてん)」といいます。一般的には巻き肩といいます。

そもそも猫背、巻き肩になってしまうことには理由があります。

 

それは、「体を大きく開き、背中を反らすということをしなくなる」ことにあります。

いわば体の退化がもたらす影響が猫背、巻き肩なのです。

 

みなさん、毎日体を大きく開いたり、背中を反らしたりしていますか?

 体は全方向に動くようにできています。

 

しかし、動かさない方向があると次第に動かさない方向が硬くなり動かなくなってしまいます。

それが体を大きく開いたり、背中を反らす動きができなくなってしまうことにつながり、更には、猫背や巻き肩になってしまうということなのです。

猫背、巻き肩チェックリスト

猫背、巻き肩チェックリスト

猫背、巻き肩が気になる方は、コチラのチェックリストをして頂くと猫背、巻き肩なのか一目瞭然です。

3つ以上項目があてはまると猫背、巻き肩になっている可能性が高いです。5つ以上の方は、肩こりや頭痛などの症状も併発している場合が多いので要注意です。

 

□家族や友人に背中が丸いと言われたことがある

□ガラス越しでも背中が丸いことが確認できる

□肩甲骨がどこにあるか分からない

□背中が盛り上がっている

□首が前に出ている感じがする

□両手を上げても耳につかない

□背伸びをすると引きつることがある

□後ろで両手が組めない

□肩を回すとグリグリ音が鳴る

□壁に踵、お尻、背中、頭をついて立てない

 

いかがだったでしょうか?

3つ以上当てはまった方は「猫背、巻き肩予備軍」

5つ以上の方は確実に「猫背、巻き肩」になってしまっています。

 

 

では、なぜ猫背や巻き肩になってしまうのか、みなさんの生活のどこを改めれば良いのか確認しなければいけませんね。

猫背、巻き肩にならないためには原因を知ることが必要になります

次に猫背、巻き肩になる原因を考えていきましょう。

猫背、巻き肩になる原因

猫背、巻き肩になる原因

猫背や巻き肩になってしまう原因には大きく2つ原因があります。

「体を動かさなくなる」

「長時間同じ姿勢をとる」

こうしたことが日常的に続くと猫背や巻き肩になってしまいます。

 

まずは、1つ目の「体を動かさなくなる」から詳しく説明します。

体を動かさなくなることでメカニズム通り、体が退化してしまう筋肉が萎縮して縮むことにあります。

「退化」+「委縮」のコンビネーションは絶妙で、体にとって最悪をもたらします。

体が退化することによって、筋肉や関節が正常に動かなくなってしまいます。

さらに、筋肉が萎縮することで退化するスピードを加速させてしまうのです。

その2重螺旋のスパイラルを繰り返すことで、日に日に猫背や巻き肩に近づいてしまうことはとても怖いですね。

 

次は、2つ目の「長時間同じ姿勢をとる」ことについてもお話します。

みなさん、形状記憶というものはご存知でしょうか?

形状記憶というのは、物体が形を覚えているのである程度動かしたとしても元に戻るという性質をもっています。

体も同じく形状記憶というものが備わっており、長時間同じ姿勢をしている人は多少動かしてもその形に戻ってしまうということなんです。

例えば、猫背や巻き肩の人はその形を体が覚えてしまっているので、多少運動しても猫背や巻き肩の姿勢に戻ります

これが形状記憶の恐ろしい所です。

 

じゃあ、みなさんはどういう習慣で猫背や巻き肩になってしまっているかみていきましょう。

猫背、巻き肩になる習慣

猫背、巻き肩になる習慣

猫背、巻き肩になる習慣は日常の中に多く隠れています。

 

□歩く時の目線が下向き

□横向きで寝ている

□運動をしていない

□2時間以上同じ姿勢を続けている

□同じ方ばかりでカバンをもつ

 

こういったことに思い当たることはありませんか?

日常にも「そんなことで?」と思うような習慣が無数にあります。

 

みなさんの気付かない所で猫背や巻き肩は進行していきます。

当てはまる習慣があればできる限り治すことをオススメします。

 

それは厳しそうだなという時は、整体やストレッチなど他人の力を借りて治すことも1つの手ですね。

猫背、巻き肩を解消する方法

猫背、巻き肩を解消する方法

猫背、巻き肩はいくつになっても治すことはできます。

単純に体にとって良い習慣をつけてあげれば良いのです。

 

例えば、ストレッチや運動であったり整体で体を反らしたりしてもらうこともすごくいいことです。

しかし、毎日や習慣にしていくということが非常に難しいし、めんどくさいことでもあるのは当然です。

ですので、お店でもお客様にオススメしている方法をお話します。

 

猫背や巻き肩を治すには「仰向けバンザイ」がとても楽チンで効果バツグンです。

 

1,床やベッドで仰向けで寝ます

2,両手を真っ直ぐ上に挙げる

これだけです。

大体10秒~60秒まで、しかも1日1回どのタイミングでもOKです。

 

背伸びみたいに上に頑張って伸びなくてもいいし、ストレッチみたいに10分や30分の長時間する必要がありません。

めんどくさがりの方でも長続きする方法だと考えています。

 

整体ラボ-koryo-では、少しでも自分の体に目を向けて、毎日快適に過ごせるようなお手伝いをしています。

もし猫背、巻き肩が気になっているなら、ご来店して頂いて、整体を受けて体をスッキリさせてあげるのはいかがでしょうか?