○○にならない体づくり


猫背、巻き肩にならない体づくり

背骨や肩甲骨が丸くなってしまう状態を猫背や巻き肩といいます。

自分の体が猫背かな?巻き肩かな?と気になる方は、一度自分が当てはまるか確認してみてください。

猫背や巻き肩になってしまうと肩こりや頭痛などの症状を引き起こす要因になります。

長年放っておいた体を見直し、今一度自分の体を大事にしてみませんか?

 

「猫背、巻き肩になるメカニズム」

「猫背、巻き肩チェックリスト」

「猫背、巻き肩になる原因」

「猫背、巻き肩になる習慣」

「猫背、巻き肩を解消する方法」

を詳しく説明しています。

 

自分の体を知るということは、自分の体を治す第1歩です。

動かなくなった体を取り戻したい方は、ぜひご覧ください。

 

肩こりにならない体づくり

猫背、巻き肩が進行して肩周辺の筋肉が硬直してしまった状態を肩こりといいます。

もし肩こりが気になる方は、下のボタンを押して続きをご覧ください。

肩こりになってしまうと高血圧や頭痛になる要因になります。

長年放っておいた体を見直し、今一度自分の体を大事にしてみませんか?

 

「肩こりになるメカニズム」

「肩こりチェックリスト」

「肩こりになる原因」

「肩こりになる習慣」

「肩こりを解消する方法」

を詳しく説明しています。

 

肩が動かないと上半身のほとんどが動かないということです。

もし肩こりについて詳しく知りたいと思ったなら、ぜひご覧ください。

頭痛にならない体づくり

肩こりが悪化し首~背中にかけての筋肉が硬直して頭に正常に血液が送られなくなった状態を頭痛といいます。

頭痛には2種類あり「血管収縮性頭痛」と「血管拡張性頭痛」があります。

みなさんはどちらの頭痛でしょうか?気になる方は続きをご覧ください。

 

「頭痛になるメカニズム」

「頭痛チェックリスト」

「頭痛になる原因」

「頭痛になる習慣」

「頭痛を解消する方法」

を詳しく説明しています。

 

頭痛が起きると集中力が途切れ、自律神経の調節ができなくなることもあります。

早く治したいなら整体や接骨院などに定期的に通って集中して治すことをオススメします。

今治すのも後で治すのも同じなので、わざわざガマンする必要はありませんので悪化しない間に自分の体に目を向けてあげてくださいね。

骨盤が歪まない体づくり

骨盤が開いたり、前後に崩れたりしていることを骨盤の歪んだ状態といいます。

産後や日常の習慣から骨盤の歪んでくるので一度気になる方はチェックリストをしてみてください。

意外に重症だったりするかもしれませんよ。

今が一番若い日です。気になるなら早めに治した方がいいかもしれませんね。

 

「骨盤が歪むメカニズム」

「骨盤の歪みチェックリスト」

「骨盤の歪みになる原因」

「骨盤の歪みになる習慣」

「骨盤の歪みを解消する方法」

を詳しく説明しています。

 

骨盤が正常に動かないと脚もチグハグに動いてしまいます。

体にはバランスが必要で、偏りがない体がとても良い体なのです。

しっかりバランスがとれている自信がある方以外は、ご覧になられたら気づきがある内容になっていますよ。

腰痛にならない体づくり

骨盤が歪んでしまい腰周辺や背中に違和感や痛みを感じる状態を腰痛といいます。

腰痛になるとで腰周辺だけでなく、姿勢や足回りも異常がでてくる場合もあるので、気になる方はチェックリストをしてみてください。

腰痛は日常の習慣がもたらす生活習慣病です。治すよりもならないことが大切です。

ギックリ腰などに発展すると動けなくなったり、生活に支障をきたすこともあるので、注意が必要です。

 

「腰痛になるメカニズム」

「腰痛チェックリスト」

「腰痛になる原因」

「腰痛になる習慣」

「腰痛を解消する方法」

を詳しく説明しています。

 

腰痛に関して詳しく解説していますので、腰周辺が気になられる方は見ておくと身になる内容になっています。

日々体のケアを少しずつしておくことが大きいポイントなので、これをみて実践して頂けると嬉しいです。

坐骨神経痛にならない体づくり

坐骨神経痛は骨盤が歪むことで左右のバランスが偏ってしまい、お尻にある坐骨神経を圧迫することで起こる神経痛です。

筋肉が硬くなって痛むこととは違い、しびれやズキッとくる痛みがあるのが特徴です。

みなさんには腰~太ももなどどこかにしびれがあることはありませんか?気になる方は続きをご覧ください。

 

「坐骨神経痛になるメカニズム」

坐骨神経痛チェックリスト」

坐骨神経痛になる原因」

坐骨神経痛になる習慣」

坐骨神経痛を解消する方法」

を詳しく説明しています。

 

坐骨神経痛になると常にお尻周辺がじんわり痛んだり、しびれがあるので鬱陶しいと感じることが付きまとってしまいます。

早めに骨盤のバランスを整えて神経への負担を減らしてあげるのが良いと考えています。

でも、すぐには忙しくて行けないという方は坐骨神経痛の解消法を実践して、神経痛を少しでも緩和することをオススメします。